●中国人民解放軍採用の水陸両用車に乗ってきました。その2

さて、この水陸両用ジープですが、水陸両用という機能を保ちながら、仮に日本で乗ろうとすると、
どんなことになるのでしょうか。

そもそも日本には「水陸両用車」というカテゴリーが存在していないため、「車両」と「船舶」の2つの
基準をクリアしなければなりません。



「水陸両用車」といえば思い浮かぶのがGPAやシュビムワーゲンですが、日本で
シュビムワーゲンを登録する際に、船舶の基準をクリアするのが難しいため、
プロペラを使えないようにして車両のみで登録したという話もあるようです。


同じく香港の四駆有限公司・馬さん所有のフルレストア済のシュビムワーゲン。
かっこよすぎです。かんべんしてください。(車が)


車両に関しては問題ないですが、当社は船舶の強度や保安基準などに関しては、
素人同然です。そこで、日本でこの車両を水上走行させるにはどうしたらいいか、
少し対策を考えて見たいと思います。

続く


さっそく日本へ戻る機内で船舶取得の
情報収集・・・じゃないですねどう見ても

(CCV石川様からのちくり写真w)


もどる