営業のご案内

●新旧・絶版四駆の整備・修理・完全レストアまで!

新旧・絶版四駆の完全なレストアから重整備、板金塗装まで、実績と経験のある当社へお任せください。

●あきらめるのは早すぎます!

原動機変更や現在のボディを活かす方法など、長く乗り続けるための施策をお気軽にご相談ください。
ジープの場合、4ナンバーのままなら4DR5や4DR6を4G52に、1ナンバーへの変更なら4G53やG54Bに変更。またJ3のJH4をG54Bで4速ミッションに変更して乗用車登録。同様にJ55のボディをNox適合のガソリン車フレームに換装・・・などさまざまな方法が残されています。

左写真の例:

CJ3Bシャーシ+
4G53エンジン換装+
M38ボディ(フィリピン製)換装+
OD(オリーブドラブ)ペイント+
ステンシル(マーキング)










●三菱ジープJ50系ガソリン車乗用登録の取り扱いについて

■ジープの用途・種別、貨物車(1・4ナンバー)から乗用車(5・3ナンバー)への変更が
「乗員の保護」という観点から厳密に審査されることになっています。

現在、昭和50年以降登録の車両については、三菱ジープの自動車・型式指定申請時に
おいて、乗用用途を認定されずに型式認定を受けていたために、今までの乗員保護規定
の改善だけでは用途変更が認められなくなりました。弊社においても事例に漏れず、検査
事務所より審査基準の見直し通告を受け、その基準の審査にあたり、実車強度試験の実施
と成績提出の指導を国土交通省自動車交通局よりいただきました。また、暫時審査中の
車両に関しましては並行作業中の実車試験と同規格に強化された車両であることと、強度
計算書の提出により、暫定的に乗用登録の許可を受けていましたが、既に実車強度試験
成績書を、国土交通省自動車交通局ならびに関連検査事務所に提出いたしました。

弊社におきましては、今までの乗用登録用改造申請と合わせて提出申請することにより、
J50系ジープの用途変更(貨物から乗用)が認可されていますので、ここにお知らせいたします。

尚、三菱J30系の乗用登録につきましても、J50系と全く関係なく同様の審査基準であり、
実車試験と諸条件の対応を急いでおりますので近日中には用途変更登録が可能になる
予定です。

■J3系につきましては、従来通りの審査基準で乗用登録が認可されています。
■昭和50年4月以降の一部車両についてはハンドルロックが必要です。
(J52、54の一部車種)
■貨物用途におきましても、触媒マフラー取り付けの一部車両においては、排出ガス値が現行
規定値より低いため(現NoxPM法において)、平成22年まで車検更新が可能です。



●輸入代行

個人輸入で登録にお困りの方、登録のお手伝いをいたします。また海外から欲しいクルマを
見つけてきて輸入、登録の代行をいたします。



●パーツ製作・販売

古くてもう在庫がないパーツでも、ネジ1本からでもワンオフで製作いたします。



●車両レンタル

当社所有の軍用車両、ビンテージカーなどをレンタルいたします。映画、テレビ番組の製作、
イベントなど、お気軽にご相談ください。

・最近の車両協力

CXドラマ「恋ノチカラ」(2002年)

映画「この世の外へ クラブ進駐軍」(2004年)


映画「この世の外へ クラブ進駐軍」弊社協力車両による撮影風景

TBSドラマ「新しい風」(2004年)

映画「姑獲鳥の夏」(2005年公開)


映画「姑獲鳥の夏」弊社協力車両による撮影風景


このほかバラエティ番組などに多数協力しています。



ホームへ


This page is allrights reserved by Auto Junction CO,.LTD.